早漏改善治療薬を通販で購入する

2倍から4倍も時間が延びたデータがある

日本ではまだ未発売

女性を気持ちよくさせたい・・・。でも自分が早漏だからどうしても早く射精を迎えてしまって女性を満足させることが出来ないと考えている男性は多いと思います。

1分1秒でも長く性行為をしていたいと思っていてももはや我慢できずに勝手に射精を迎えてしまって女性からも「もう!?」って言われるのが怖いという人もいると思います。

自分だってこの早漏を何とかしたいんだよ!って思っている人も多いです。

世の中には少しでも長く性行為が出来るように“チントレ”などがあります。

しかし、チントレはネットで検索をすればすぐに出てきますが、オススメはしませんので紹介はしません。なぜならばやり方を間違えてしまうと射精障害になってしまったりする危険性があるからです。

無理に自力で押さえ込もうとするのではなくて医薬品で解決することをオススメします。

日本ではまだ未承認ですが、海外の早漏に悩む男性から購入されているのがプリリジーと呼ばれる早漏改善薬です。

世界で最初の内服早漏治療薬であるプリリジーは2009年にジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門であるヤンセン製薬(本社ベルギー)が開発しました。

このプリリジーの素晴らしいところは飲む医薬品で使いやすいです。

性行為をする1時間~3時間前に1錠お水と一緒に服用します。

すると性行為中の挿入時間を2倍、最大4倍にまで遅延させることが可能なんです。

主成分であるダポキセチンが、早漏の原因となるセロトニンという物質の減少を抑える作用がありますので、射精コントロールが可能となります。

ヨーロッパを中心にアジアでも認可され、スウェーデン、フィンランド、スペイン、ポルトガル、ドイツ、オーストリア、イタリア、ニュージーランド、シンガポール、韓国など60か国以上で認可されており、30か国以上で実際に使用されています。

すでに数百万人の使用実績があり、その有効性、安全性は立証されています。

日本では残念ながら未認薬ですが2012年から厚生労働省の許可を得て輸入されています。

今後日本でも認可されるかもしれませんが、現状では医薬品個人輸入代行サイトを利用することが最も簡単に効率よく手に入れることが出来ます。

他には陰茎海綿体に直接専用の薬を注射するICI療法というものがありますが、これは主にED治療薬を服用して効果がなかった人に対して使われることが多いです。

注射をしたら15分ほどで半強制的に性的興奮があろうとなかろうと勃起してしまいます。

さらに1回の料金が約10,000円ほどかかることを考えると早漏改善薬を利用したほうが良いと思います。

また1つ覚えておいて欲しいのが、候というのは実は思い込みによる精神的な面が強いと言われています。

例を出すと手汗を良くかく人って面接や商談・プレゼンテーションの時のような緊張する場面だと手から汗が滝のように出てきますよね。

このときに手から汗が出ないでぇ~って意識をすればするほど逆に手から汗が出てきますよね。

それと同じように自分が早漏だから少しでも長引いて欲しいと考えながら意識して性行為をしてしまうことでより集中してしまって早漏になってしまうと言われています。

早漏の人というのはまさに負のスパイラルのようにどんどん意識をすればするほど早漏になってしまいます。

ですからプリリジーなどの早漏改善薬を服用することでまず精神的に気持ちが落ち着きますし、自信に繋がります。

気持ちが落ち着いて性行為をすることで早漏が改善される可能性も高くなるので、まずは医薬品として認められた早漏改善薬を試してみましょう。