ジェネリック医薬品って何?

先発医薬品と同等の効果

安く購入できて金銭的負担を軽減

ジェネリック医薬品って何?っていう人は減ってきていると思います。

日本でも大分浸透してきていますし、テレビのCMなどでも流れているのを見たことがあるので知名度としては広く知れ渡っていることでしょう。

病院でもまず最初にジェネリック医薬品がありますがジェネリック医薬品にしますか?と聞かれたりもします。

ジェネリック医薬品は国も推奨しているので今後はジェネリック医薬品が主流になってきます。

そんなジェネリック医薬品ですが、名前は知っているけれどもよく意味は分からないという人もいれば、とりあえず医者に出されるから使っているという人も多いのではないでしょうか?

また中にはジェネリック医薬品は効かない!とかあんなのはコピー商品で違法だ!とか消費期限が切れているという人もたまにいます。

正しい知識を得ていないでそんなことを振りまいていると本当に知っている人からしてみると恥ずかしい限りです。

ですからきちんとジェネリック医薬品について把握しておきましょう。

まずジェネリック医薬品という名前ですが、先に発売された新薬を先発医薬品と呼び、後発医薬品という意味でジェネリックという言葉で使われます。

ジェネリックという言葉は世界共通語ですので例え海外で病院に行くことになったとなればその時にジェネリックを下さいといえば海外でも通じます。

そしてジェネリック医薬品は消費期限が切れた医薬品ではなくて特許期限が切れて他の製薬会社でも作ることが可能になり販売されたものを指します。

というのも新薬として認められた場合、開発をした製薬会社が向こう20年近くにわたって独占的に薬を販売することが出来ます。そのかわりに全ての成分や製造方法を公開しなければいけません。

そしてその独占販売期間が切れたら他の製薬会社も名前を変えて作っていいよというのがジェネリック医薬品なんです。

なぜもう発売されている医薬品を他の製薬会社がわざわざ作るの?って思うかもしれませんが、その理由としては開発コストと時間を圧倒的に削減することが出来るからです。

新薬を開発するとなるとかなりの時間とコストがかかります。

薬によっては10年以上開発がかかることもありますし、開発コストに関しては100億円以上かかることも決して珍しくないのです。

また開発をかけたはいいが途中で結果が思わしくなくて開発中止になることもあります。

事実、バイアグラは当初狭心症の薬として開発が進んでいましたが、思ったように開発が進まずに開発中止が決定されました。

被験者が勃起改善に効果があると言わなかったらそのまま開発が中止になってしまっていた可能性もあるわけです。

医薬品を新しく作るというのはとても簡単なことです。

その点ジェネリック医薬品に関して言えばもうすでに発売されていて効果が認められた上で販売がスタートとなっています。

また開発期間に関してもそこまで長くなくて開発コストに関して言えば10分の1程度で開発が出来てしまいます。

例えばバイアグラは世界中で利用者がいて知名度も非常に高い世界で最も有名な薬の1つとも言えるでしょう。

開発コストを抑えつつ販売が出来ますし、利用者もバイアグラと同等の効果で安く手に入れることが出来るわけです。

ブランド志向の強い方はそのままバイアグラを使えばいいわけですから上手にすみわけが出来ているのです。

もちろんジェネリック医薬品を販売するのも厳しい審査をクリアしなければいけません。

ジェネリック医薬品でも販売が許可されるために数年を要すケースもあるのです。

ジェネリック医薬品の審査には大きく三つの基準があります。

溶出試験・・・
【 酸性やアルカリ性で新薬とジェネリック医薬品の溶け方が同等かの試験 】

安全性試験とは・・・
【 品質を厳しく管理するための「品質再評価」の試験 】

生物学的同等性試験とは・・・
【 体循環血中に入る薬物の速度や量、吸収する薬物量と薬物濃度が同等試験 】

こういった厳しい審査をクリアした上で販売が許可されるのです。

また製薬会社によっては販売後もしっかりとアンケート調査を行っている会社もあります。

ジェネリック医薬品が効かないということはまず考えづらいでしょう。

当然人によっては効く効かないの個人差はあります。

また先入観によって薬が効かないと思い込んでしまっている人もいるでしょう。

しかし、正しい知識を理解すればジェネリック医薬品というのは安全に利用することが出来るのです。