緊急避妊薬を通販で購入する

もしもに備えて女性は絶対に1錠持っておく

不安を解消することが出来る

女性ならば絶対に1錠だけでも家に置いておくことをオススメするのが緊急避妊薬(アフターピル)です。

予期せぬ膣内射精を受けてしまった時にどうしようかと悩んでいても何も始まりません。

望まぬ妊娠をしてしまったでは済まされないわけですから、きちんと対処法としてアフターピルを服用することが望ましいです。

彼氏との性行為中にコンドームが破けてしまったとか外れてしまったとかいう事例はあるかもしれません。将来的には結婚をして子供を授かりたいと思っていたとしても今は学生だったり、将来的にも貯金をしていないから不安だという意見もあると思います。

まだ子供は欲しくないという人もいるでしょう。

また女性の場合は男性に無理やりされてしまうというケースも考えられます。

色々な事情から女性はやはり自分の身は自分で守らなければいけないものです。

そのためにも望まぬ妊娠だけは避けなくてはいけません。

妊娠してしまって中絶をするとなると金銭的負担はもちろんのこと女性は精神的にも肉体的にも傷ついてしまうわけです。

赤ちゃんが出来てしまってからでは遅いのでまずは危ないと思ったときの1錠として用意をしておく必要があるのと、どんな効果や副作用があるのかを把握しておくことも重要です。

まず最初にアフターピルは排卵をずらして効果を発揮するもので、女性ホルモンを摂取することで排卵をずらしたり、月経を起こして緊急避妊を促す経口避妊薬です。

大体は72時間以内でアフターピルを服用した場合の成功率はおよそ80~85%のが一般的です。

アフターピルの避妊効果は、性交から服用までの期間が短いほど成功率が高まりますからまずはマズいと思ったら迷う前に服用することが大事です。

どうしようかとか迷っていたら避妊の成功率はどんどん下がっていきます。

アフターピルの服用法には、2通りあり、ノルレボ法とヤッペ法があります。

ノルレボ法が主流で負担も軽いのでノルレボ法から紹介します。

ノルレボ法・・・ノルレボ法は、妊娠の可能性がある性交の終了から72時間以内に1錠を服用する緊急避妊法で、多くの病院でもこちらのノルレボ法の薬を渡されます。

ヤッペ法と比べて高い確率で緊急避妊を行えるのが特徴です。

また避妊率は日数が経つごとに落ちますが、最大で120時間まで緊急避妊の成功が確認されています。

ヤッペ法とは・・・日本で古くから行われている緊急避妊のやり方で72時間以内に女性ホルモンが一定の含有量を超えるように1度服用して1回目の服用から12時間後に2度目の服用を行う方法です。

ノルレボ法と比べて副作用が発現しやすいですし、2錠服用しなければいけません。

アフターピルは飲むときに注意したい点としてまず膣内で射精をされてしまって望まぬ妊娠だった場合は可能な限り早く服用するようにしてください。

アフターピルは服用ごとに体に大きな負担をかけるため短い間隔でそう何度も服用して薬ではありませんので絶対に常用するようなことはしてはいけません。

アフターピルは体のホルモンバランスを変化させて、緊急避妊を行いますので急激なホルモンバランスの変化による副作用が出てきます。

人によって様々な副作用が出るので女性の体はホルモンバランスが乱れる生理や妊娠初期に似た症状が副作用として起こりやすくなります。

  • 吐き気、嘔吐
  • 生理痛と似た腹痛
  • めまいや頭痛
  • 胸のハリや痛み

上記の症状が出ますが、特に吐き気は多くの人に出やすい症状で、もし服用して2時間経過する前に嘔吐してしまった場合はもう1錠服用する必要がありますので気持ち悪くてもはかないように耐えなくてはいけません。

副作用に関しては数日で元の状態に戻ると言われていますが、もし服用して数日経っても一向に副作用が収まらないという人は専門の病院に服用した医薬品を覚えておいて相談をするようにしましょう。

女性からしてみれば非常に辛いと思いますが、妊娠をさけるためにも用意をしておくようにしましょう。

わざわざ病院に行ってもらってくるのが嫌だとか面倒とか、そんなことは滅多に起こらないから後回しでいいやって思ってしまうかもしれませんが、緊急避妊薬が貰える女性専用クリニックなどが近くにあるかどうかは調べておきましょう。

病院に行かなくても医薬品個人輸入代行サイトを利用することで手軽に購入することが出来ます。

1錠あるかだけで万が一に備えることが出来ます。