ED治療薬を通販で購入する

男の自身を取り戻す

正しい服用方法をしないと危険

男性ならばいづれ誰もがこの医薬品を頼ることになるかもしれません。

年齢を重ねれば重ねるほど性的興奮が起こりづらく、そして性的欲求も男性は減っていきます。若いときはHなことを考えていなくても条件反射のように勃起をしていたものが、今では全然だって言う人もいるでしょう。

自分だけの悩みで済むならばいいですが、勃起不善によって愛するパートナーにも迷惑をかけてしまうことにもなります。

特に妊活中などで勃起不全になってしまう男性が多く男性の勃起不善によって子供を諦めてしまったという夫婦も多いです。

妊活中で行われるタイミング法と呼ばれる排卵日に合わせて性行為を行うというものですが、タイミング法によって必ず決められた日にちに性行為を行わないといけません。

どんなに疲れていようとも仕事で嫌なことがあろうとも性行為を最後まで行わないといけないという決まりがプレッシャーとなってしまって勃起不全になってしまいます。

女性からしてみればきちんと性行為ぐらいはしてほしいと思うことでしょう。

そういったプレッシャーがより勃起不全となってしまうわけです。

妊活中に勃起不全になってしまう男性も決して珍しいことではなくて不妊治療の先生によっては今まで性行為で勃起不全になったことが無いという人でも念のために1錠渡すところもあります。

もちろんED治療薬によって胎児に影響を与えたり、妊娠しづらくなるということもありません。

ED治療薬によって子供を諦めていた夫婦に対しても非常にありがたい薬でもあります。

そんなED治療薬について正しい知識を得た上で購入して欲しいです。

まず最初にED治療薬というのは血管を拡張させて血流を良くする働きと勃起を抑めようとするPDE-5を阻害させて勃起を長持ちさせてくれるものです。

あくまでも血管を拡張させる役割ですので精子や子宮などに影響を与えることはありません。

もし影響を与えるようなものがあれば医薬品として認められるはずがありません。

また、いまだに多くの人が勘違いをしているのですが、ED治療薬には服用しただけで半強制的に勃起に至ったりするような成分も入っていませんし、服用しただけで性的欲求が沸いたり、性的興奮が起こったりするようなものでもありません。

いわゆる媚薬成分というのは一切入っていません。

つまり仕事中にED治療薬を服用したとしても強制的に勃起をすることもなく日常生活に支障をきたすことなく性行為をする事が出来ます。

視覚やシチューエーションなどから性的興奮を得る状況にならない限り勃起をすることはないのです。

なぜED治療薬には媚薬成分が入っていると思われてしまったのかというと最初のED治療薬でもあるバイアグラが誕生する前までは媚薬成分が大量に含まれているといった商品が中心でした。

そのためどうしてもバイアグラも医薬品として認められた媚薬成分が入った薬という“誤った認識”をされたまま広がっていってしまったのです。

まだインターネットなども黎明期でほとんどの人がインターネットを利用していなかった段階です。

そのため正しい情報が伝わらず間違った認識が広まっていってしまいました。

経口薬のED治療薬には入っていません。

またバイアグラ以外にも様々な薬が誕生していますが、基本はバイアグラをベースに考えていいでしょう。

ED治療薬はどれも3つの規格で販売されていますが、主成分の含有量によって表記が違います。

  • バイアグラ【25mg錠・50mg錠・100mg錠】
  • レビトラ【5mg錠・10mg錠・20mg錠】
  • シアリス【5mg錠・10mg錠・20mg錠】
  • アバナ【50mg錠・100mg錠・200mg錠】

それぞれ表記が違うので注意してください。

バイアグラの主成分はシルデナフィルと呼ばれるものが入っていて服用してから早い人で40分からで平均1時間ほどで効果を発揮します。

持続作用は最大5時間ほどですので大体性行為の1時間前ぐらいに服用をしておけば薬の効果を十分に実感することが出来ると思います。

バイアグラの次に発売されたのがレビトラで、これは先進医療国と呼ばれたドイツの大手製薬会社バイエル社から発売されました。アスピリンという世界的に使われている薬で有名な会社から発売されるということで注目が集まりました。

このレビトラの主成分出あるバルデナフィルと呼ばれる成分はは非常にバイアグラと似た化学構造式をしています。

明確な違いとして水溶性であり、非常に早く溶ける性質があります。そのためレビトラの場合は即効性があります。

早い人で最短15分から効果が現れ始め、30分ほどで大体の人が効果を現れるといわれています。

そのため咄嗟の時でも対応をしやすく急にホテルで性行為をすることになったとしても相手にシャワーを浴びてもらっている間にレビトラを1錠服用してそこから自分がシャワーを浴びたりしている間に薬の効果が現れてくるので即効性という部分では非常に助かるという人もいます。

またレビトラは即効性に注目が集まりやすいですが、最大持続作用時間は10時間です。

バイアグラの倍の持続作用時間があります。約半日も効果が持続するので余裕を持って性行為に臨めるというのがあります。

使い勝手がいいでしょう。

バイアグラを普段から利用しているという人はレビトラはほとんど同じですから使ってみるのをオススメします。

気をつけなければいけないのがバイアグラとレビトラは非常に食事の影響を受けやすいという点があります。

レビトラは食事の影響をうけづらいと言っているところもありますが、基本的には受けると思ったほうがいいでしょう。

空腹状態(食後2時間以上空けた状態※中華料理などをはじめとした脂質の多い料理は5時間以上空ける)で服用することが望ましいです。

シアリスに関してはアメリカのイーライリリー社から発売されたのですが、コンセプトが違います。

シアリスはゆっくりと溶け出す遅効性の薬であり、服用してから平均3時間ほどで効果が現れてきます。

しかし、個人差が強く出るので早い人で1時間、遅い人では4時間経って効果が現れるという人もいるので必ず自分が服用してから効果が現れるのかは事前に確認しておく必要があります。

性行為の3時間前には服用しておきたいです。

そんなシアリスですが、最大の特徴として持続作用時間の長さです。

最大36時間もの効果が持続します。つまり1日半です。同棲をしているカップルだったり、夫婦の場合、統計的に見ても大体週末に性行為をする男女が大半です。

その週末をシアリス1錠で乗り切れるということから「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

またゆっくりと徐々に溶け出して行くため副作用も少ないと言われています。バイアグラやレビトラを服用したら副作用が強く出てしまうという人はシアリスを試してみましょう。

さらにシアリスは食事の影響も受けづらいといわれています。800kcal以内で脂質が30%未満であれば食事をしても食事を摂っても薬の効果を実感すると言われています。

ただし、胃が空っぽの状態で服用したほうが薬の効果も早く現れて薬の効果もをよりはっきりと実感することは出来ます。

とはいえシアリスの場合は胃が空っぽの状態で服用して2時間立ても薬の成分も体内を行き渡りますからその後は普通に食事を摂っても薬の効果は持続します。

例えば今日は性行為をする事があらかじめ決まっていると分かっていたら朝出かける前に1錠服用してそこから2時間以上胃に食べ物を入れなければあとは何も気にしないでいいので使いやすいです。

シアリスは副作用も少ないこともあり世界中で利用されていて世界シェア率No.1にも選ばれたことがあるほど人気があります。

そして最後にまだ日本では認可されていないため日本の病院で処方されていないですが、今注目の次世代のED治療薬と言われている最新の薬が主成分アバナフィルのアバナ(ステンドラ)という薬があります。

このアバナはこれまでに発売されたED治療薬の特徴を組み合わせているとも言われていて、レビトラのように即効性があり、シアリスのように副作用が少なく、食事の影響を受けづらいとされています。

そのため非常に使い勝手が良いとされています。

日本では認可されていませんが、お隣の韓国をはじめとしたアジア圏内やヨーロッパなどで実際に販売されています。

もともと日本の田辺三菱製薬会社が開発を進めていて、そこからアメリカのヴィヴス社に譲渡されてアメリカで販売がスタートしました。

未承認と聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、世界中でもう販売されて多くの人に利用されているのです。

このように様々なED治療薬があります。

服用方法としては1日1錠で必ず1錠服用したら24時間以上空けるようにしてください。

また服用していい飲み物としては水・お茶・スポーツドリンク、お酒などと飲んでも問題ないです。

ただし、お酒と一緒に飲むときは血流に乗ってアルコールも早く体内を回るので酔いやすくなるということは覚えておきましょう。お酒が弱い人はED治療薬を服用するときは少量に抑えておきましょう。

一緒に服用してはいけない飲み物としては乳脂肪分の高い牛乳や豆乳などと一緒に飲むと胃に膜を張ってしまってうまく薬の成分が吸収されません。

ですので気をつけましょう。

またグレープフルーツをはじめとした柑橘類と一緒に飲んでしまうと柑橘類に含まれているフラノクマリン酸と呼ばれるものが薬物代謝酵素であるシトクロムP450の効果を強く阻害してしまいます。

そうなると薬が効きすぎてしまい、副作用も強く出てしまいます。

正しい服用をすれば薬の効果は多くの人に発揮します。ましてや日本人の体型の場合は中容量(3つの規格の真ん中の含有量)で十分に効果を発揮すると言われていますので無理に薬の効果を多く得ようとしなくても正しい服用をしましょう。

副作用による頭痛やめまいが強く出てしまったり心臓に負担がかかったりするので無茶な服用はしてはいけません。

日本では手に入れることが出来ない薬から日本でジェネリック医薬品として販売されているのはバイアグラだけですが、医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば日本の最新の医薬品のシアリスのジェネリック医薬品なども購入することが出来ます。

ただし、過剰に服用したりするのは避けて正しい服用方法で利用するようにしましょう。