性欲はなくならない

アダルト業界は今の世の中で絶対に必要な業界であり、無視できないほどの巨大産業となっております

メディアの変化にも柔軟に対応

今アダルト業界は不景気知らずと呼ばれているぐらいにほかの業界が不景気まっただ中なのにもかかわらず潤っていると言っていいでしょう。

というのは今はもうエッチ動画をレンタルショップからインターネットへと時代が変わっているからです。

当然レンタルショップでも借りられればそこからマージンなどが発生すると思いますが、今はインターネットで直に販売ができるようになっているので一個当たりの価格が利用者からしてみれば値下がりしていると思いきやアダルト業者は仲介手数料を払わなくて済みますのでとくに値下がりをする必要がないのです。

ビデオ販売からレンタルショップへと変わり今はインターネットでエロビデオを見る時代へと変わってきました。

大手レンタルショップはまだ余裕があるかもしれませんが個人で販売などをしているところは軒並み閉店へと追い込まれてしまっている状態となっておりますので気をつけなくてはいけません。そして大手レンタルショップであろうともどんどん窮地に立たされることは目に見えています。

時代に逆らってうまくいくというのは難しいですが時代の流れをちゃんと見極めてうまく流れていけば楽に商売は出来るものです。

今はインターネットの時代ですからその時代にちゃんと乗ってうまく商売をしているのがアダルト業界と言えるでしょう。そもそもアダルト業界を悪く言う人がいますが、必要不可欠な業界なのです。

h動画の毎月のアクセス数はなんと月間100億を超えると言われており世界中で多くの人がほぼ毎日のようにav動画を閲覧しております。

そもそもアダルト業界がなかったとしたらその国の性犯罪は急増すると言われています。日本のアダルト業界はかなり進んでおりクオリティが高いからこそ見るだけで満足するので日本の性犯罪も少ないのかもしれません。

過激なアダルトビデオで見たからと言ってそのまま実践するのか?といったらそうではありませんよね。多くの人がフィクションだと分かっているからこそ興奮するわけです。

また性欲というのは子孫を残していくうえでとても重要な欲求であり三大欲求の一つとですからそれを発散させるということはとても重要なことです。

アダルト業界は悪く言うのは本能に逆らっているようなものですし、業界的にはかなり綿密なマーケティングをされているからこそ不景気知らずと言われています。ただ否定するのではなくてそこから学ぶ姿勢でいることで色々と見えてくるものです。

とくに今はインターネットで簡単に作品を販売したりすることもできてかなり専門的なサイトが増えてきておりただおまんこを見せていれば満足する!と言うわけでもなくなってきました。

芸能人よりも可愛い女性が出演をしているのは当たり前であり、そこから見るものを魅了する演技力や表現力が求められてくるのです。

多くの女性が出演をしておまんこをさらけ出していますが、その中で勝ち上がっていけるのは本当にごくわずかの人間です。

運営をする側としては一つのこだわりの専門的なサイト作りをしていくことで個人で生活していくぐらいは簡単にできるようになってきましたが、逆に出演をしている方はデフレの流れとなってきて、今はどんどん出演料も下がっていって着ています。

これからもどんどん色々なバリエーションが出てくることで見ている側は満足しますが、出演側は生き残りをかけて並々ならぬ覚悟を持って出演をするしかないのです。そこの見極めだけはしておかなくてはいけません。

ページのトップへ戻る